流れを知れば不安はなくなるモビットのキャッシング

モビット申し込み

モビットではじめてキャッシングをすると言う場合、多くの方が不安を持ったまま申し込みをしているようです。そしてその不安の理由の殆どが「申し込みをしてからの流れを知らずにいた」からなんです。

 

どんな感じで手続きをしてどんな流れになるのかを簡単にでも理解していれば、はじめてのキャッシングであっても不安を抱えることなく利用できると言うものです。申込みから契約までの大きな流れはこんな感じです。まずは申し込みはスマホ、ケータイ、パソコン、ローン申し込み機などから、ご自分にあった方法を選べます。申込み手続きを終えると審査に入ります。

 

この審査はモビットが行うものなので、申し込み者は審査結果を待つだけです。だいたい30分〜1時間位で審査は完了します。そして審査結果によって融資額が決められ、モビットカードの発行、振込などでキャッシングできることになります。審査結果によっては、キャッシングを受けられない場合もあります。ここだけは不安を抱えていてもどうしようもありません。審査結果は冷静に受け止めるしかありませんからね。

 

申込み手続き→審査→キャッシング。とてもシンプルな3ステップです。各ステップでの手続き方法に難しいことはありません。分からないことがあればモビットに問い合わせをしながら、落ち着いてしっかりと手続きを進めればよいだけです。申し込み時に身分証明書の提出が必要になるのですが、あらかじめ用意しておくだけでもスムーズな申し込みになりますから、必要になりそうな書類などはチェックして手元に置いておくとよいでしょう。

便利な「WEB完結」もあるモビットの多種な申し込み方法

モビットのキャッシングは実に様々な申し込み方法が用意されています。ユーザーの立場にたったサービスの提供をしてくれているのは好感が持てますよね。時代に対応したネットでの申し込み、パソコン、スマホ、ケータイは勿論のこと、無人店舗のローン契約機、電話や郵便での申し込みも可能です。

 

ネット環境がないと言った方や、パソコンが苦手だと言うような方、急いでキャッシングしなくてもよいと言うような方は、電話や郵便などで、ゆっくりと申し込みすることができます。ネット経由での申し込みで特筆すべきことは、なんと言っても「WEB完結」申し込みでしょう。モビットのこの「WEB完結申込み」は、通常のネット経由の申し込みよりも必要書類が多いものの、審査過程にある会社への在籍確認の電話がなく、キャッシングカードの発行もないのです。審査は他の申し込み方法と同様に行われるのですが、全てWEB上のみで完結してしまうと言うものなのです。

 

契約書類やカード、利用明細書の発行もありませんから、郵送物が発生しません。家族や会社に知られるようなことがないキャッシングと言うことになります。但し、誰でも申し込めると言う訳ではなく、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行に普通貯金口座を持っていて、全国健康保険協会発行の保健証(社会保険証)、または組合健康保険証を持っている方が条件になります。また本人確認書類以外に所得証明書、そして直近1カ月分の給与明細書も必要になってきます。条件を満たしている方には「WEB完結」申し込みをお勧めします。

申し込み時間帯によっては色々と変わってくるモビットのキャッシング

24時間申し込み可能な方法もあるモビットのキャッシングですが、どの申し込み方法でも24時受け付けしている訳ではないので気をつけて下さい。まず24時間申し込みができるのは、パソコン、スマホ、ケータイのインターネットによる申し込みのみになります。ローン申し込み機(無人店舗)による申し込みは朝8時〜夜21時まで、モビットコールセンターの営業時間は朝9時〜夜21時までとなっています。

 

ネット経由で24時間申し込みできるものの、コールセンターやローン申し込み機が21時までだと申し込みにどのような影響が出ると思いますか。一番気をつけたいのはキャッシングできる時間に制限が出てくると言うことなのです。申し込み後ローン申し込み機でカードを発行してキャッシングしたい場合は、21時までの営業とは言え、20時半位には手続き開始できる位が安心ですよね。21時過ぎに申し込みをした場合は、一番早くて、翌朝8時のローン申し込み機開店時間まではカードが発行されないと言うことになります。、「WEB完結」などの振込によるキャッシングを希望している場合は、銀行の営業時間に連動して時間的な制約が出てきます。口座への振込は平日朝9時〜午後14時50分までとなっていて、土日に振込はできません。

 

この振込時間内に申し込み手続きと審査を終えられていれば、即日融資が実現されますが、午後15時過ぎにネットで申し込みをしたとすると、一番早い振込は銀行の翌営業日の朝9時と言うことになります。金曜日の16時に申し込みをした場合は、土日がありますから翌月曜日の朝9時に振込と言う流れになります。このように24時間申し込みができても、キャッシングをするには時間的な制限が出てくることをしっかりと頭に入れておきましょう。

身分証明書以外にも準備しおいて損はないモビットの申し込み書類

モビットのキャッシングに申し込みをするにあたって、用意しておかなければならない書類があります。「本人確認書類」と呼ばれる書類で、「運転免許証」の写しを必ず提出することになっています。

 

運転免許を持っていない場合には、「健康保険証」、「パスポート(旅券)」も本人確認書類として使えます。いずれも「有効期限内」のものに限ります。基本う的にはこれらの「本人確認書類」の提出で申し込みが可能なのですが、申込者の属性や申し込み金額によっては「収入証明書類」と言う書類を提出することになる場合もあります。本人確認書類同様、全て写しでの提出です。「源泉徴収票」、「納税通知書」、「所得証明書」、「確定申告書」、「給与明細書」の提出を求められることがあるかもしれませんので、申し込みの際には用意しておくとよりスムーズな契約ができるでしょう。

 

特にモビットの人気サービス「WEB完結」で申し込みの場合は、はじめから本人確認書類以外に、「現在の収入を証明できる書類」として収入証明書類の中から1点、「お勤め先を確認できる書類」として、「健康保険証」と「給与明細書(直近1カ月分)」の2点が必ず用意しないと申し込みができないようになっています。必要提出書類に重複しているがあるのでそれを上手く組み合わせれば、運転免許証、健康保険証、給与明細書の3点で「WEB完結」には申し込みが出来ると言うことになりますね。

 

書類の準備は面倒だなと思われる方もいると思いますが、スムーズな申し込みの為にも準備しておいて損はないものだと思います。

申し込みできないんじゃないかと諦める前に

モビットのキャッシングには申し込み条件があります。この申し込み条件、意外と知られていなかったりします。モビットの公式案内には「年齢満20歳以上69歳以下の安定した定期収入のある方」と記されていて、「アルバイト、派遣社員、パート、自営業の方も利用可能です。(当社基準を満たす方)」とも書かれています。

 

米印(※)で「保証人、担保、印鑑は不要です。」とも入ってます。この条件にあてはまる方が申し込みできると言う訳です。例え働いていて定期的な収入があっても、19歳ですとか70歳と言った年齢の方は申し込みができません。また、年齢条件を満たしていても働いていないで定期的な収入がない方は同じく申し込みができません。これは基本条件の話ですが、キャッシングには審査がありますので、例え申し込み条件を満たしているからと言って、申し込みしたら全員がキャッシングできると言う訳でもありません。審査次第ではキャッシングできないと言う結果が出てしまうこともあります。

 

そうなってしまった場合の殆どが「信用情報」になんらかの問題があるのです。過去に金融事故をおこしてしまっている、ですとか、現在ローンやクレジットを延滞してしまっているなどです。信用情報に不安があったり、心当たりがあるような場合は、キャッシングに申し込む前に自分で「信用情報」の開示をしてみるとよいと思います。多重債務をしてしまっているなど、利用しているだけでは見えてこない自分のクレジットヒストリーを情報としてしっかり把握できる機会にもなりますからね。モビットではじめてキャッシングをしようと思ってる方でも、ローンを組んでいたり、クレジットカードを利用しているようでしたら、「申し込みできないんじゃないか」と考えてしまうよりも、信用情報を開示して自分の情報を確認してみてから申し込みをするのがよいと思います。

 

可決であれば 納得もできるでしょうし、否決だった場合もまた、頷けてしまう判断材料が信用情報には登録されているはずですからね。