モビットに限ったことではないのですが、キャッシングに申し込みすると必ず行わる「審査」って緊張したりしませんか。全てのキャッシングユーザーが必ず経験する「審査」なのですが、実は何をどう審査しているのか、審査基準みたいなものは公表されていないんです。これが「緊張」の最大の原因になっていることは間違いありません。

 

例え緊張しないと言う方にとっても、見えないもの、実態が分からないものに対しては、なんらかの違和感は抱いていると思います。公表されている訳ではないのですが、「審査」として実際に行われているのは「信用情報」の閲覧です。これはモビットだけでなく、ユーザー自身でも閲覧できる、所謂「個人情報」ですので、自分の情報がどんな風に扱われているか興味のある方は閲覧してみるとよいと思います。モビットとしては運転免許証などの「本人確認書類」と「所得証明書類」の確認がファーストステップで、その次にこの「信用情報」の閲覧をして、「当社基準」と言う総合的な判断のものとに審査結果を出 しています。「信用情報」には金融に関する情報が登録されていますので、クレジットやローンを組んでいればそこにデータとしてあがってくる訳です。

 

他社からいくら借りていると言うことまでは分からないものの、申し込み記録が残されているので、総量規制にひっかかっていないか、借りすぎではないかの判断材料はになる訳です。いくら年収が高くても、借り入れが多い場合には審査にとおりませんし、年収が低くてもクレジットヒストリーが綺麗であればキャッシングできると言うことにも繋がります。「審査」の肝は「信用情報」であることは間違いないので、クレジットヒストリーは大事に扱いたいものですね。