モビットだけではないのですが、キャッシングに関して「ブラック」と言うキーワードで語られることがあったりします。この「ブラック」と言うワードは、いわば隠語のようなもので、金融業界ではよく聞かれるキーワードになってしまっています。

 

モビットはじめ消費者金融や銀行などがこの「ブラック」と言うワードを使っているかと言うと、全く使われていません。あくまで風説、「造語」的なものでしかありませんので、間違った情報に惑わされないようにしましょう。モビットは「ブラック」でも申し込み出来るの?なんて使われ方をしているケースですと、過去に金融事故をおこしてしまっていて信用情報にそのことが登録されている人でも、モビットではキャッシング出来る?と言うような使われ方をされているのですが、信用情報に事故の記録があるようですと、まずキャッシングはできません、つまり審査にには通りません。

 

また、モビットに申し込みをする直前に他社に何社も申し込みをしているような状態を「申し込みブラック」なんて使い方がされてるようですが、これはキャッシングやクレジットの申し込み記録と言うものは信用情報に必ず登録されますので、同じ日や数日以内に何社も申し込みをしてしまったような場合ですと、最後に申し込みをした会社が審査で信用情報の閲覧をした時に何社にも申し込みをしていると言うことは、すでにキャッシングしている可能性があると判断します。そうすると最後の会社としては審査否決にする可能性が高くなってしまいます。

 

「ブラック」と言うワードは適当な使われ方をされていることが殆どですので、その事を理解した上で、所謂ブラックに当てはまらないようなキャッシングの利用を心がけたいものです。