キャッシングをしようと思いモビットに申し込みをしたものの、キャッシングをする必要がなくなってしまった。そんな時ってどうすればよいのでしょうか?あくまでユーザーの方の考え方次第ではあるのですが、「キャンセル」をしたいと言った方が結構いたりします。中には「申し込みしたのだから、キャッシングをしないでいつでも利用できる状態のままでいよう」と言った考えでいる方もいます。

 

どちらが良い選択なのかは一概には言えませんが、前者、後者ともに共通する事実があります。それは「信用情報」に「モビットに申し込みをした」と言う記録が残されると言う点です。前者の場合は申し込み手続きをしたものの「キャンセル」をしただけです。後者の場合はキャッシングの利用をしていない状態。それでも両者共に、共通の申し込み履歴が残ります。後に第三者がその履歴を閲覧した時にどのように判断すると思いますか?

 

単純な話なんです、「申し込みをした」とだけ判断します。ですので、「キャンセル」をした前者の方が、後のクレジットヒストリー的には若干不利に働くかもしれませんね。その申し込み履歴は6か月間のみの登録なので、半年後には履歴からは抹消されます。後者の場合は、キャッシングを利用開始した時点であらたな利用履歴が登録されることになります。「キャンセル」をしておきたいと言う気分的なことは理解できますが、信用情報への影響を考えると必ずしも「キャンセル」だけが正解ではないと言うことが分かってもらえたと思います。

 

信用情報ありきの金融業界ですから、総合的に判断してキャッシングは利用したいものですね。